200

頂き物「美しき死の女神ミンミン」

Category: 頂き物  
作:逆リョナファン 絵:Beziku18

彼女はミンミン。ゲーム、バーチャル飛龍の拳のミンミンその人だ。
ある日、ミンミンは町で人気の無い道を歩いていた。

「――ミンミンだな。」

 急に背の低い男性器を露出した男たちが、いつの間にかミンミンを取り囲むように立っていた。
全員、その右手にはナイフを持っている。恐らく、ミンミンをレ◯プする気だろう。
 しかし、彼らが気付いた時には、すでにミンミンの姿はそこにはなかった。

「間が抜けてるわ」
 
冷ややかな侮蔑を口にし、抜群のプロポーションを持つ美しい死神が音もなく走る。

「あんっ--」

「ブヒィィ--」

 おそらく襲撃者たちの目には、白いあざやかな稲妻が駆け抜けたようにしか見えなかっただろう。
全員が股間のイチモツをミンミンの長い脚でさするように蹴られた。

男達「ふん、何と思えば...んぎぃぃっ!」

そこから、男達は天にも届くほどの凄まじい射精を始めた。それだけではない。
いつまでたっても止まらないのだ。最大射精を維持したまま、放射器のごとき続いている。

男「射精が止まらない....どういうことだ!」

ミンミン「ンフフ...私に股間を蹴られたものは、通常を遥かに凌ぐ射精を続けるわ。
それだけじゃない。最大の快楽を維持したまま、一生分の精液を出し果たすのよ。
そして、一生分の精液をを出したものは、男性器を中心に全身が爆発する!!!」

男たち「そ....そんな!嫌だ!そんな死に方したくない!!」

ミンミン「なら耐えることね。手伝ってあげるわ。」

そう言うと、ミンミンは仰向けになって無様に射精している男の1人の尿道にヒールを刺して蓋をする。

男「い、痛い!でも気持ちいい。出したい!でも出したら死ぬ....うわああっ!!」

すると、ヒールと尿道の間から破裂した管のように精液が凄い勢いで噴出しだした。

ミンミン「ウフフ....このままだと、本当におちんちん破裂しちゃうかもね。
でもいいでしょ?最高の快楽を味わったままイけるんだから....。」

男「い、嫌だ!死にたくない!!!!」

そういって、命乞いとばかりに男達はミンミンのブーツに股間のイチモツを擦り付けてくる。

ミンミン「駄目よ。もうすぐ時間よ。イきなさい。」

精液シャワーを全身に浴びながら、ミンミンが無慈悲に言う。
そして男達は股間を中心に全身爆発した。特にミンミンに尿道を塞がれた男は肉棒を中心に派手に爆発。

チンポをブーツで弄び爆発させる美少女ミンミン

爆発したあとも男性器の肉片が嬉しさからかまだヒクヒクしている。

最初に声がかかってから最後のひとりが快楽のままに絶命するまで、
ミンミンは大した苦労はしなかった――。
ミンミンは息も切らせていなかった。

「本当にわたしをレ◯プしたければ、声をかけずにいきなり襲うだったわね」
 
誰も聞くことのないアドバイスを口にして、ミンミンは人間の原型をとどめていない男達を尻目に
その場をその場に放置して歩き出した。

 別に、それ自体は珍しいことではない。
 特に心当たりもない連中から命を狙われることだってある。
 ミンミンは、その絶大にセクシーな身体と脚で、あちこちのギャングや悪党たちを殺し、イかせてきた。
だから、心当たりがないというより、ありすぎて判らないといったほうが、本当は正しいのかもしれない。
 いずれにしろ、その報復として命を狙われることにも、今はもう慣れてしまった。
 
「ウフフ...今日もたくさん殺しちゃった。」

 ミンミンは男をその美脚でイかせて殺すことでぞくぞくするサディストになっていた。
 凄艶な笑みを浮かべてひとりごち、ミンミンはこの場から姿を消した。

 ふたたび静けさを取り戻したこの場には、大量の精液とその臭い臭いが満ち、
もはや未練なしと原型をとどめない死体と喜ばしく痙攣する男達の男性器の元達があった。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


Profile

beziku18

Author:beziku18

Illustration
Twitter_2
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR