200

頂き物「イリーナ・イェラビッチ」

Category: 頂き物  
【暗殺教室の女教師で殺し屋の
イリーナ・イェラビッチを
モデルにファンタジー短編を作りました。】

イリーナ・イェラビッチ
美女殺し屋

作:OZAM

大きな胸、引き締まったウェスト、後ろに突き出たヒップ、
胸元大きく開いたジャケットから覗ける下着、男を引き付けるナイスバディは、
多くの男を誘惑し、蜘蛛の糸の如く絡めとり、男の自由を奪い、男の意志を奪う。
一度捕まった男達は、彼女の意のままに操られ、馬車馬のように働き、
ボロボロになる。

イリーナは微笑み、迫力満点のナイスバディで男を誘惑する。
男の体にわざと胸が当たる様に体を寄せ、イリーナの手が男の股間に触れる 。
股間を刺激しながら、耳元でエロく囁く。

『うふ。イリーナのオモチャになりたいんでしょ?♪
こうやって股間まさぐられながら、財産・尊厳・命ぜ~んぶ、
イリーナに絞り取られちゃうの♪興奮する?うふ。
男てほんと哀れね♪ほら、泣いていいのよ♪男らしく豚みたいに惨めに鳴くの♪
イリーナに笑われて、馬鹿にされて、悔しいけど、チンポおったてて鳴くの♪
男なんて股間刺激しちゃえば皆、イリーナの言いなりなんだから♪
股間からぶら下がったコレ♪男の象徴、弱者の記♪』

女性特有のネチとした言い回しは、男の心を凌辱し、男の脳内から
マゾ快楽神経物質を分泌させる。こうなると、身体の力が抜け、
男は抵抗出来なくなるのだ。男は呻き声をあげ、イリーナの攻めに感じている。

『うふ♪いい歳したおっさんが、女の子に股間弄られて感じちゃうなんて、
世の中どうなちゃってるのかしらね~www♪
男の子なんだから強くなりなさいって、ママに教わらなかったの?
ふふ。あれ~泣いちゃってるの?悔しいのかな?うれしいのかな?
苦しくたって~♪悲しくたって~♪ワントゥー ワントゥー アタック!
だけど涙が出ちゃう男の子だもん、てかwww笑』

イリーナは完全に男を馬鹿にして、遊んでいるのだ。こうして、
男はイリーナのなすがまま、オモチャと成り果て、イリーナに全てを捧げ、
絞り取られ、廃人となってゆく。快楽と命の等価交換だ。


イリーナが、街中を歩くだけで、男達の視線を釘付けにする。
タイトスカートはち切れんばかりのお尻が左右入れ替わる様に動く。
これを見てしまった男どもに抗う術は無い。股間が膨らみ、
マゾ快楽神経物質が分泌され、彼女のお尻に惹き付けられ、ストーカー行為
に走るのだ。しかし、後をつけた男達の末路は、凄惨を極めた。

路地裏に連れ込み暴行する。地面にうずくまる男をヒールでグリグリと踏みつける。

『んもお♪イライラするわね~あんたみたいなキモ豚に付きまとわれて、
吐き気するわぁ♪』

イリーナのヒールが男の股間をグリグリと踏みつける。

『ああん。お、あああああああ~ん』

男がイリーナのヒールの動き、振動に合わせ、悶える。

『キモいわねwww。電流が走ったみたいな顔しちゃってwww。
ほら、あんたが好きな女の子の足だよ♪』

イリーナはヒールを脱ぎ、生足を男の顔に押し付ける。

『ほら、ちゃんと、クンクン言って犬みたいに匂い嗅ぎなさいよお♪
ちゃんと覚えるのよ、匂いを♪www』

『ううう…』

『あ?ほらあ~、あたしにどうされたいのか、言ってごらんなさい♪』

『ぱ、ぱ、パンティ…』

『あ?』

『パンティ嗅ぎたい…』

『ふふ。本当変態ね♪ぶよぶよのデブった身体、女の子に踏まれて、股間膨らませて、
気持ちヨガって身体クネクネさせて、あげくパンティ嗅ぎたいだなんて、
本当どうしようもないマゾ豚ね♪いいわ。』

そう言い、イリーナはタイトスカートの中からパンティを外し、
男の口の中に押し当てた。

『ほら、たっぷり味わいなさい♪イリーナのパンティ♪幸せでしょ?
使い古した下着とマゾ豚は、処分しなきゃね♪』

このあと、イリーナは暴行を繰り返し、男の頭をヒールでグリグリと踏み潰す

『からっぽのポンコツ脳、踏んづけても手応えないわねえ♪
うふ、こんなんで、ちんぽおったてて興奮するなんて、惨めな生き物だわ♪』

イリーナは一級の殺し屋だ。常人には考えられないパワーを秘めている。
マウントポジションで、ジタバタする男を完全に押さえつけた。
イリーナの身体から、禍々しく残酷で妖艶なオーラが放たれる。
イリーナのお尻がタイトスカートを破らんばかりに、
胸もジャケットのボタンがとれそうになるくらい膨張する。
イリーナのナイスバディが迫力を増し、パワーに満ち溢れてゆく。
イリーナのお尻の下敷きとなってる男の身体は、禍々しいイリーナのオーラを浴び、
蒸発し精気を奪われてゆく。男の精気はイリーナの肌に吸収され、
イリーナの体は更にパワフルに変貌する。対照的に、ぶよぶよのデブってたはずの
男の身体は、車に轢かれたヒキガエルのように潰れていき、最後はイリーナの
お尻の下で、潰れ、引き伸ばされ、薄っぺらくなってしまった。
イリーナが立ち上がると、風に吹かれペラペラと宙を舞い、
哀愁を漂わせながら彼方に飛んでいった。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

頂き物「心美ちゃんvs巨人のチンコ」

Category: 逆リョナ伝説  

作:逆リョナファン  絵:Beziku18


心美はある秘密組織から依頼を受けていた。
なんでも、とある洞窟に人の10倍はあろう大きさの巨人がいて、その巨人の一物が道を塞いでいると。
それでそれを始末して欲しいと。そんなわけで心美はその巨人がいる洞窟にやってきた。

心美「ここが巨人がいるって洞窟ね。」

さっそくだが、巨人のしもべらしい。人間型のクリーチャー達がでてきた。
皆身長は150cmくらいしかないが、一物は大きく、心美を犯そうとしているのか自己主張している。

心美vs巨人のチンコ

心美「....邪魔。」

そういうと、心美は一匹のタマをブーツのヒールで串刺しにした。

雑魚A「ギャアアアッ!!!」

クリーチャーは血液混じりの精液を出しながら苦しんでいる。
それを見て他のクリーチャー達も心美にやられたいのか近づいてきた。

心美「何?あんた達。私の脚で金玉ぐちゃぐちゃにされたいわけ?
わかったわ。皆ぐちゃぐちゃにしてやるわ!」

あるものは心美に股間を尿道から串刺しにされ、あるものはお尻の穴から頭まで串刺しにされ、
またあるものは股間から頭まで真っ二つにされ、またあるものは踵落としでペチャンコにされ、
またあるものはブーツで全身穴だらけにされた。

真っ二つズオ

穴だらけ

心美「これで雑魚は全滅ね。あとは。」

そこには、ボスである巨人の男性器があった。勃起していて棒から玉まで2mはくだらない。

心美「えいっ。」

試しに心美は金玉の部分を軽く蹴ってみた。しかし、人間のものとは違い簡単には砕けない。

心美「ちょっと本気を出さなきゃね。ハァァァッ!!千烈蹴!!!!」

何かのゲームにあった千烈脚という技。それを心美がアレンジしたもの。1
000回蹴る点は同じだが、オリジナルより美しく残酷にできている。
千烈蹴を食らった巨人の男性器は、そのままサイコロのミンチになってしまい、
内側から血液と精液を出すだけのグロテスクな肉塊となってしまった。

心美「これで最後よ!!」

心美の最後の本気の一蹴りで、その肉塊も跡形もなく破裂してしまった。

心美「任務完了。報酬もらってこよ。」

任務を達成した心美はクリーチャー達の死骸を踏み潰しながらその場を後にした。


関連記事

頂き物「必殺JK忍者」

Category: 頂き物  

作:チェリーミルクエンジェル


「必殺JK忍者 のの」
JKくの一「のの」は、敵の攻撃を封じる為に先ず両の手足を斬る。よろめき戦闘意欲を失った敵の男の前に立ちはだかる。「参った。お前の勝ちだ・・。命だけは助けてくれ・・・」ののは残酷な笑みを浮かべながら、男の腹を一文字に斬り裂く。絶叫する男の腹から腸が漏れ出す。「やめてくれ・・・」ののは、男の頭に手を回して、胸に固定すると、男の顔面に刀を突き刺す。「のののコト、満足させてくれなきゃイヤ」ののは、しばらく男の頭の中を刀でかき回す。「今日はのの、ご機嫌だから派手にやっつけてアゲル」刀が男の顔面から下腹部までを斬り裂く。「まだ終わりじゃないよ」ののは男の裂傷を切り開く。人間の体内の全てが噴出し、臓器と鮮血のレッドカーペットが出来上がる。
必殺JKニンジャ_のの2

必殺JKニンジャ_のの


「必殺JK忍者 みあ」
帰国子女のみあは明朗快活で男子から大モテだ。しかし、陽が沈み、くノ一に変身するや残虐な狩人へと変貌を遂げる。みあは、敵の生身に刃物を突き刺し斬り裂く感触が大好きだ。男の刀を叩き落される。次の瞬間、男の眉間にみあの刃が突き立てられる。「いいコだから大人しくしててね」みあの刀がズブズブと男の頭部に侵入していく。「あがが・・やめろ・・」「いいヨ、これ以上刺すの止めてアゲル。その代わり・・・」みあは、ゆっくりと男の顔面から腹部へかけて斬り裂いていく。「死んじゃった?でも、あと何回か裂いてあげるネ・・・」
必殺JK忍者_みあ


「必殺JK忍者 みづき」
みづきは学園ではクールビューティーで通っているが、反面大き過ぎるバストに悩む乙女でもある。みづきの最大の武器は、男共の想像を遥かに超える怪力だ。敵をバッサバッサと斬り殺すも、その力で振り下ろされる刀に、男の身体は真っ二つに分かれる。刃がこぼれて使い物にならなくなると、みづきは素手で男を倒す。襲ってくる敵の刀を持つ腕をへし折ると、自らの爆乳に男の顔を埋める。やがて酸欠の為に動きの止まった男の身体を、スルメを裂く様に素手で引き裂く。生きたまま身体を裂かれる男の絶叫が心地よい。みづきは死体群に投げキッスをすると、修羅場を後にする。
必殺JK忍者_みづき


「必殺JK忍者 くるみ」
くるみは一見、背も小さく幼い感じのロリ娘だが、くるみと対戦する羽目になった男には同情を禁じ得ない。くるみは、JK忍者軍団でも群を抜いて残酷なサディストだからだ。刀をはじき飛ばされた男の身体に一太刀浴びせると、男の体内から一つずつ臓器を取り出していく。「あん。熱くなってきちゃった。脱ご」忍者服を脱ぎ上半身ハダカになる。見た目の幼さとは不釣合な巨乳を露出させ、男の解体を続行する。頭を斬り裂き脳漿を掴み出す。胸を斬り裂き心臓を掴み出す。「あーあ、空っぽになっちゃった・・・」
必殺JK忍者_くるみ


「必殺JK忍者 まい」
まいが全裸になると、敵の男は戦闘意欲が萎え、代わりに自分のムスコが元気づく。まいが股を広げ男を誘う。男は本能の赴くままにまいの股間に顔をうずめ、アソコを舐める。その時、男の脳天に信じ難い激痛が走る。痛みは脳天から頭の中深くまで進んでいく。「えっちなオジサンには、こうしてあげちゃう」まいの刀が男の頭にズブズブと刺し込まれていく。
必殺JK忍者_1

「がが・・・やめろ・・・」「ウフ、やめる?これからじゃない」まいは、男の脳天に刺さった刀で、そのまま顔面を斬り裂き始める。「ごごご・・・ひどい・・残酷過ぎる・・・」「こんなので残酷なんて言ってるの?本当の残酷って、どんなモンか見せてあげる」
必殺JK忍者_2

「待て・・無茶はやめ・・・」まいの刀が男の腹まで一気に斬り裂く。「うぎゃあああ!!」血色の好いまいの美肌に返り血が飛ぶ。「オジサン、勘違いしないでネ。まだまだ終わりじゃないからネ」ピクピク痙攣する男が虫の鳴く様な声で命乞いしている。「ごめんね。何言ってるか、聞こえないから」
必殺JK忍者_3

まいは、男の顔面から腹にかけて、刀で何往復もさせる。男の体内が滅多斬りにされ、斬り刻まれた脳漿や内臓が無慈悲な美少女の肢体に降りかかる。「まいのアソコを舐めた罰にアナタのコト、バラバラのグチャグチャにしてあげちゃうネ」
必殺JK忍者_4

まいは、刀を放り捨てると、男の体内に小さい手を突っ込み、内臓や脳味噌を引きずり出す。美少女くノ一による残忍過ぎる殺戮は、男の命と誇りと尊厳を余りにも軽視したものだ。結局男は、寝そべって開脚したままの女の子に解体されて殺されてしまった。「もー、アナタのせいで、おっぱいもアソコも血だらけじゃない」
必殺JK忍者_5


「必殺JK忍者 まりん」
必殺JK忍者_まりん


「必殺JK忍者 しずか」
乳を揉ませて肉を斬る!
乳を吸わせて骨を断つ!
必殺JK忍者 しずか見参!
必殺JK忍者_しずか

男が微かな声で命乞いしている。「しずかネ、アナタが命乞いする程、惨たらしく殺してアゲたくなっちゃうの」しずかは男の脳天と腹を刀で斬り裂くと、裂傷に手を突っ込み、人体の内容物を掴みだす。しずかの右手が男の脳内を突き通り眼孔から飛び出してくる。「今日は、しずかご機嫌だから、あと30分はアナタの身体をグチャグチャにしてよっと」
必殺JK忍者_しずか_2

関連記事

Profile

beziku18

Author:beziku18

Illustration
Twitter_2
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR